MG  OOクアンタ   2011/02/13 

 

劇場版「機動戦士ガンダムOO -A wakening of the Trailblazer-」に登場するMSです。

 

今回は、「飾って、観て楽しめる…」をコンセプトにして製作しました。

 

OO系のガンダムタイプのMSは、GN粒子の光や、トランザムモードでの機体色の変化などがあり、全てを一つのkitで表現することは、難しくなっています。
そこで、LEDを使ったディスプレイ台を製作して、トランザムモードや、クアンタムバーストモードなどを光の演出や背景紙などで簡易的に表現できるようにしました。

MG OOクアンタ本体は、全体の各所にプラバンなどを使ってモールドなど追加して、スジボリにて新たにパネルラインなどを追加して、メタルマイナスモールドを埋め込みディテールupさせてハイディテール仕様になっています。
 

自作ディスプレイ台には、複数LEDとスイッチを仕込んで、透明アクリル板で強度を持たせて、複数色のクリアシートを交換して「OOクアンタ」の各モードに対応できるようにしました。

交換用のシートは簡単に交換できて、
クリアグリーンで、通常のGN粒子散布モード。
クリアレッドでは、室内を消灯して簡易的にトランザムモードを演出できます。
蛍光アクリル板を使ったシートと光の輪とソードビット、それとクリアの支柱で固定すれば、発動前の「クアンタムバースト」モードを演出できます。
乳白シートにも交換できるので、他の完成品やOO系の作品でも飾ることができます。
クリアの支柱は、取り外しが出来て、各交換シートには、穴アリ無し用があり、直接ディスプレイ台に置いても飾れるようになっています。
LEDを複数使用したので、明るすぎるために、スイッチを2個使って、全点灯、50%点灯と調整できるようにもしました。

ディスプレイ台を、他の作品で使った場合は、本作品はアクションベースを使って、ソードビット展開した状態で飾ることができるようにしてあります。
 

 


クアンタムバーストモード発動前


ソードビット展開


通常 GN粒子散布 モード                                    トランザム モード




バスターライフル & バスターソード モード
 

改修詳細ページ


 

inserted by FC2 system